上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ものすご遅くなってもたけど

こまちの突発性膀胱炎の話のときは、心配のコメントなどありがとうございました!
 
(もちろん、いつもの コメント&つっこみ も、ありがとうございます。)


20140729_01.jpg  
もうすっかり くいしんぼうに戻り、おてんばと悪戯に余念がない。

ちょっとは膀胱炎と一緒に、治ればよかったのに。 コラ



元気過ぎて、あんなに大変やったことすら忘れてしまいそうやわ。





でも


どうでもええねんけど、どうしても忘れられへんことがひとつあって。




膀胱炎の経過検診で動物病院の待合室におったとき


目の前にいた二人組の おばちゃんたちが こまちを見て


まぁ~色が乗って

まぁ~ きれいに色が乗って! そんなん見たことないわ。



薄々視線は感じとったけど。

とにかく大阪の動物病院の待合室はフレンドリー。

特に猫飼いより圧倒的多数の犬飼い同士が賑やか。

いや、どこの地域も動物つながりでフレンドリーなのか。

ええねん。フレンドリーなんはええねん。

やけど、なんしか人見知りのわたし。 しかも猫飼い(少数派)にとったら少し動揺してまう。

あ、でも、わたしどちらかというと昔は犬好きやった。 結局、性格の問題か。

なんしか、おばちゃんたちの会話にのることしかできず。

情けない返答。

いや別に、褒められとるんやし悪い気はせーへんねんけど。

もうちょっと大袈裟に喜びの言葉を返せればええねんけど。

親ばかっぷりがバレるのが恥ずかしい。ってのもあるし

褒められれば相手のワンニャンに触れんと失礼になるんやないかって。

でも動物病院やし、どんな大変な治療をしとるかわからんし、かわいいですね~とか言ったら余計あかんのちゃうかってなってまう。


ゆえに、動物病院での待合室では人見知りに拍車がかかる。

という、からくり。





わたし、めんどくさっ。


めんどくさい想いは一旦置いといてと。







確かによくよく考えたら、ちょっと複雑な模様かもしれへん。


こまち 



やけど


やけども


そない言うても、猫的にはそんな言うほど珍しくはないと思われ。




ゆえに、おばちゃんのなんでもない言葉が わたしには



まぁ~ きれいに脂が乗って! なんて美味しそう。


に変換できてしゃ~ない。


確かにチワワより、だいぶ大きいし肉々しいけど。



むしろこっちのが、褒め言葉!?


被害妄想からのポジティブ。





ほんまどうにもならん、どうでもええ話でした。














Twitterやメール・拍手ボタンなどからコメント・ご連絡ください。
(●´ω`●)



関連記事
スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL