上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20140210_01.jpg 

トイレに必死な ゆきち。 それを見守る こまち。

不思議なトイレの関係図。













トイレの話しついでに、我が家の歴代猫トイレを簡単にまとめときます。



猫トイレって、噂では猫数プラス1っていう法則があるらしいけど

今 我が家の猫トイレは、2ひきでひとつ。もうかれこれ半年以上経過。



20140210_04.jpg 

わたしが探しとったものに近い、掃除しやすいシンプルで底が深い形と大容量サイズ。



この猫トイレに変えてから、もひとつ置いてあった猫トイレを滅多に使わなくなってもた。


やので思いきってひとつにしてみた。


そない頻繁に掃除しんでも、一日に朝晩の2回の掃除で全然大丈夫。










このトイレにしてから、いろんな悩みが解消。



ひとつ前のトイレの様子はこんな感じ。 (ゲージの外のトイレは、後々カバーを着けた。)


20140210_03.jpg 

浅いから猫砂は外にものごく飛び散るし



こまちはトイレの縁ギリギリにしてまうから

ウンティスやら

はみ出トイレ



ティッコやら

20120404_010.jpg

しょっちゅう外にはみ出し、こまちの足はもちろんゆきちの足まで汚れ

その度、シャンプーしたり家中掃除したりするんがストレスやった。










こまちがやってくる前は、システムトイレを使っとった。 ウンティスとティッコが別れとるやつ。


20140210_02.jpg 
一週間に1回 指定のティッコマットを取り替える感じやったんやけど

ゆきちのティッコ量が多かったのか、夏とか特にかぐわしい香りが耐えれんかった。

めんどくさがりのわたしには掃除もしにくかった。。






猫トイレって、何が良くて合っとるか使わんとわからへんし

疑問に思わんかったら一番始めから変えてへんかったんやろな。

うんでもいろいろ使ってみて勉強になったかも。





20140210.jpg



とりあえず我が家の猫トイレは、これにてひと段落。


という話でした。










Twitterやメール・拍手ボタンなどからコメント・ご連絡ください。
(●´ω`●)



関連記事
スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL